質の高い映像制作を実践することができました

僕は今結成しているバンドで、メジャーデビューを狙っています。


いくつかのレコード会社からも声をかけてもらったり、オーディションなども受けています。今は音楽業界も厳しい時代で、バンド側がただ音楽や演奏をするだけで、あとはレコード会社がなんとかしてくれる、現状は無くなってきています。
自分たちで、自分たちのバンドをプロデュースして、売っていかなければなりません。
楽曲のクオリティはもちろんですが、レコーディングなどもインディーズだと自分たちでお金を払って行います。

最新のLINEのNEWSに関する情報を公開しているサイトです。

今回新曲を録音しました。



それに伴って、バンドPVの映像制作を行うことにしたんです。
僕らにとって、それが多くの人へ音楽を伝えるための手段。

広告となるんです。

ただし、僕らは映像制作に関しても無知なので、ある程度のテーマやストーリを決めたうえで、プロに頼もうということになりました。
今はYOUTUBEなどでバンドPVが話題になり売れるバンドや歌手も数多くいます。頭一つ飛び抜けた質の高い映像制作をしようということで、メンバーの意見は一致しました。

そこで考えたのが、「バンドPVにナレーションを入れよう」という内容です。
ほとんどのバンドは大体楽器を持って歌っている描写が有る中。

僕らメンバーが出演するドキュメンタリー仕立てのPVにしようというアイデアが出たんです。まだ殆どのバンドがやっていないことです。

プロにお願いした映像制作はサクサク進み、更にはナレーションも完璧。

正直言ってここまで質の高いバンドPVになると思わなかったので、見終えた時には鳥肌が止まりませんでした。



新曲と新しいPVを引っ提げて、来月から全国ツアーを周ります。


一人でも多くの人に、自分たちの音楽を届けたいです。